レーザー治療について
レーザー治療について
レーザー治療専門サイト西宮市・芦屋市・尼崎市梅華会耳鼻咽喉科グループの花粉症・鼻炎のレーザー治療

レーザー治療の前にまず知っていただきたいこと

アレルギー性鼻炎・花粉症に対する、根本的治療としては、減感作療法や舌下免疫療法が挙げられます。
減感作療法は、治療用のアレルゲンエキスを非常に薄い濃度で皮内に少量から注射し始め、慎重に投与量を維持量まで増やしていきます。通院回数が頻回となる点、治療期間が長期になる点から当院では適応が限定されるものと考え、推奨しておりません。舌下免疫療法は、毎日花粉症エキスを口に含んでいただく治療法です。しかし、体質の改善に少なくとも2、3年かかると言われていたり、治療制限が多かったりするのが実情です。

上記の代替法としてレーザー治療が考えれれますが、アレルギー体質を改善する治療ではなく、あくまでアレルギー反応の場を抑える治療であるということをご理解下さい。従いまして、有効期間が1~2年というのが現状です。

レーザー治療とは

鼻の粘膜にレーザーを直接照射してレーザーの熱で粘膜組織を変質させ鼻のアレルギーを起こす場を減らし、また、 鼻粘膜のアレルギー反応を鈍くしようという治療です。

花粉症の場合には、花粉症のシーズン前に治療を終了しておくのが理想です。

こんな方が対象です

1年中アレルギー性鼻炎で悩んでいる。

1年中アレルギー性鼻炎で
悩んでいる。

症状がつらくて全く仕事にならない。

症状がつらくて
全く仕事にならない。

お薬の服用を減らしたい。

お薬の服用を減らしたい。

レーザー治療はこんな方におすすめもご覧下さい

当院のレーザー治療について

当院のレーザー治療について

レーザーにもいろいろありますが、術後の出血が無く、ほぼ無痛で照射できる点から、当院ではCO2レーザーを採用しております。特に、鼻づまりのある症例には効果は高い結果が期待できます。

CO2レーザー装置は、鼻粘膜表層のみ凝固し、内部組織にはダメージを与えません。患者様ごとに先端器具を交換し、滅菌消毒しますので感染対策にも十分配慮し、高度・安全な医療を提供しております。

私は、予測されうるメリット・デメリット・代替治療を含めて説明した上で、ご本人自身に治療を受けるか否かの決定をして頂いております。時々季節性に症状が出るだけの方、短期間の処置や服薬で症状が治る方にはお勧めしておりません。

治療内容

手術にかかる時間は、麻酔も含めて30分程度です。手術は保険診療になります。

初診:3,000~6,000円位、手術時:9,000円位
(3割負担の患者さんの場合、初診料はアレルギーの原因を特定する為の採血の有無等によって変わります)

※耳鼻咽喉科の診療は全て保険診療となります。必ず各種健康保険証をご持参下さい。
症状により検査項目が異なりますので、治療費はあくまでも目安です。

スギ花粉症の方は、症状が出る前の1月下旬には治療を受けられる方が良いと言われています。また、レーザー治療を行っても、アレルギー体質の強い方、花粉の飛散量が多い年は薬が必要になることもあります。

ページトップへ戻る